東京スター銀行、「ATM提携解消」に法的措置も

印刷

   三菱東京UFJ銀行が東京スター銀行とのATM提携を解消することについて、東京スター銀行は2008年9月24日に記者会見を開き、「顧客の利便性を損ない、法的妥当性を欠く」(タッド・バッチ頭取)と述べ、法的措置も辞さない構えを明らかにした。

   三菱東京UFJが9月19日に、同行とのATM提携の解消を発表したことに対する対抗措置。また地方銀行の一部でも提携解消を検討しているので、それに歯止めをかけたい思惑もある。 東京スター銀行は、他の銀行の顧客が同行のATMを平日利用しても無料にし、銀行間手数料(105円)だけ徴収する仕組みをとっている。他行の顧客を東京スター銀行のATMへ誘導して利用率を上げることでATMの運営コストを吸収するスキームで、三菱東京UFJなど他の銀行が反発していた。

三菱東京UFJ銀行は「銀行間のATM手数料は個別銀行との相対で決まるもの。ゼロバンクを実施する銀行は東京スター銀行だけでなく、そことは折り合いがついているし、そもそもゼロバンクを否定しているわけではない」としている。
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中