中山国交相、5日間で辞任 発言問題で引責

印刷

   中山成彬・国土交通相は2008年9月28日午前、麻生太郎首相に辞表を提出した。首相は受理した。「(成田空港反対運動は)ごね得」などの発言に対する批判が高まっており、責任を取った形だ。9月25日の報道各社とのインタビューの際、中山国交相は「日教組の子どもなんか成績が悪くても先生になる」などと発言した。その後発言の一部を撤回したが、27日にも「日教組をぶっ壊す」と批判を繰り返した。麻生内閣は24日に発足したばかりで、在任期間はわずか5日間だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中