押切もえ お気に入りブーツに起きた「ミラクル」とは?

印刷

   モデルの押切もえさんが2008年10月4日のブログで、「ミラクル☆!?」と題して、ちょっとした失敗談を披露している。

   今日はとっても歩きたい気分だったという押切さんは、お気に入りのブーツで通勤した。パープルの底の低いブーツで、もこもことしたファーがついているのが特徴だ。

「ニットカーデ&『トコパシフィック』×『mou』のモコモコブーツで、
これまた『めちゃユル』スタイルです
このブーツ、軽い上に、ファーがふかふかで、と~っても履き心地がいいの」

   と、紹介する。このブーツを外で履くのは今日が初めて。とはいえ、「なんか、ヘンだなぁ~…」と違和感があったという。

   この日は早朝から、雑誌の写真撮影だった。たぶん楽屋に到着してからだろう、ブーツをよく見ているうちに気付いたのだ。というのは、なんと、両足とも「右」だったのだ。

   こういうことに、たびたび遭遇してしまう押切さん。この「ミラクル」な出来事には、スタッフもみな笑ってくれて、嬉しかったそうだ。「朝から楽しいことがありました」とも。普通ならいらっとしてしまう出来事にも、笑いで切り返すのはすごい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中