9月の外食売上高は4.7%減 景気後退で節約傾向か

印刷

   景気後退による節約傾向が外食産業にも影響を及ぼしはじめた。日本フードサービス協会が2008年10月27日に発表した9月の外食産業売上高(既存店ベース)は、前年同月と比べて4.7%の大幅な減少となった。

   減少は3か月ぶりで、休日が昨年より2日少なかったことや天候不順なども客数減になった。これまで売上げを伸ばしていたファーストフードが3.4%減に転じたのが響いた。なかでも和風(6.0%減)や回転寿司(8.0%減)などは「事故米」騒動が影響したとみている。

   ただ、同協会は「全体としては、景気後退の厳しい環境にあっても、ファーストフードの麺類、喫茶や居酒屋は前年を上回る推移で、底堅さを示している」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中