9月の外食売上高は4.7%減 景気後退で節約傾向か

印刷

   景気後退による節約傾向が外食産業にも影響を及ぼしはじめた。日本フードサービス協会が2008年10月27日に発表した9月の外食産業売上高(既存店ベース)は、前年同月と比べて4.7%の大幅な減少となった。

   減少は3か月ぶりで、休日が昨年より2日少なかったことや天候不順なども客数減になった。これまで売上げを伸ばしていたファーストフードが3.4%減に転じたのが響いた。なかでも和風(6.0%減)や回転寿司(8.0%減)などは「事故米」騒動が影響したとみている。

   ただ、同協会は「全体としては、景気後退の厳しい環境にあっても、ファーストフードの麺類、喫茶や居酒屋は前年を上回る推移で、底堅さを示している」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中