ソフトバンク孫社長 経営不安説火消しに躍起

印刷

   経済誌などで経営不安が取り沙汰され、株価が急落していたソフトバンクの孫正義社長が反撃に出た。ソフトバンクは年間の売上高とほぼ同額の2兆円を超える連結有利子負債を抱え、市場では「競合他社に比べて有利子負債が格段に高く、米金融危機が財務体質の悪化を招くのではないか」などと、先行きを不安視する声が強かった。これに対し、2008年10月29日に行われた08年9月中間決算の発表会見で、孫社長は「十分に返済能力がある。フリーキャッシュフローが09年度は2500億円出るので、かなり早いピッチで完済が進む」などと明言し、市場の不安沈静化に躍起だった。

キャッシュフロー08年度1400億円に増えると予想

   ソフトバンクは、旧ボーダフォンジャパンが公募した社債750億円を償還するため、160銘柄で構成する債務担保証券(CDO)を750億円で購入したが、リーマン・ブラザーズの破綻に伴う金融市況の悪化で6銘柄が既に債務不履行(デフォルト)になったことも開示した。現時点で「損失の発生はない」ものの、デフォルトが7銘柄で約456億円、8銘柄で約750億円の特別損失になると説明。特別損失が発生の場合は、みずほコーポレート銀行が償還資金を融通することも明らかにした。

   米国発の金融不安が増幅する中、孫社長は「750億円が戻ってこない可能性があるので開示した。しかし、当該取引以外に類似の取引はない。仮に損失が発生しても一過性のものにすぎない」と、理解を求めた。

   経済誌などで指摘された有利子負債の残高は、旧ボーダフォンを約2兆円で買収した資金の借り入れが大きく、社債などを合わせ08年9月末で2兆4949億円になる。この不安を払拭するため、孫社長はこれまで開示していなかった業績見通しを公表。携帯電話のユーザー数の純増を背景に、営業利益は08年度の3400億円から09年度は4200億円に増えると予想。設備投資が一巡したことから、フリーキャッシュフローが07年度のマイナス1642億円から、08年度は1400億円、09年度は2500億円に増えると予想した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中