ラサール石井、ブログで「麻生批判」 バッシング受けてすぐに削除

印刷

   マンガ「こち亀」の両さんの銅像が東京・亀有に設立され、その除幕式でお笑いタレントのラサール石井さん麻生太郎首相に「ガン無視」されたと、2008年11月12日の自身のブログで明かした。よほどプライドを傷つけられたのか、延々と「麻生批判」を展開した。その後、2ちゃんねるなどで話題になり、ラサールさんへの批判が殺到。同日付のブログは削除された。

「なんかヘンだよこの人。ていうか、馬鹿だなあ」

   漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」の主人公、両津勘吉(両さん)の少年時代の銅像が「亀有ゆうろーど商店街」に建てられ、08年11月8日に除幕式が行われた。04年までフジテレビ系で放送されていたアニメ版で、両さんの声を担当していたラサールさんは、原作者の秋本治氏とともに出席した。

   ラサールさんのブログによると、除幕式の3日前に、麻生首相も列席することが決まった。首相はマンガ雑誌を何十冊も購読するほどの「マンガ好き」で知られ、「こち亀」の大ファンであることも公言している。

   SPや警備員などに囲まれ、物々しい雰囲気の中、麻生首相が現れた。像に向かって左側に首相、右側に原作者とラサールさんが並んだ。首相はまず、原作者と握手をして歓談する。ラサールさんは「さあ次は私と握手だ」と身構えた。ところが、「なんと総理はおいらをガン無視 えー 握手どころか、一回も目を合わす事もない」。

   両さんの声を担当していることを知らないのか。それとも「ラサール石井」を知らないのか、と一瞬考えるが、「俺、電通調べ認知度98%なんですけど」と強調する。理由は何であれ、無視されたことにプライドを傷つけられたのか、さらに牙をむく。

「いやあ、なんかヘンだよこの人。
ていうか、馬鹿だなあ。
ウソでも握手のひとつもしとけば、俺があとで『麻生さん、意外にいい人だったよ!』ってブログやトークでどんだけ言うか」

「無視されたからって器が小さい」と批判相次ぐ

   その後も、「麻生批判」は続く。除幕式の後に首相が商店街を視察したことに触れ、「お供引き連れて、あらかじめ決まった場所を案内されるがままに連れてってもらい、せんべい食べたり、スーパーでほうれん草の値段聞いたりしてるだけ」とか、「どう見ても江戸時代のお殿様が城下町にやってきて。『爺ィ。これはなんじゃ?』『は。ほうれん草にございます。』みたいな風にしか見えない」などと、言いたい放題だった。

   ところが、このブログに関するスレッドが2ちゃんねるに立つと、批判の矛先はラサールさんに向けられた。

「芸人なら自虐ネタにもっていかなきゃいかんだろうに。馬鹿な奴」
「無視されたからって器が小さい」

   ラサールさんのブログのコメント欄にも同様の批判が寄せられた様子で、11月13日の昼ごろまでに、12日付けのブログは削除されていた。所属事務所にJ-CASTニュースが問い合わせると、担当者は、

「ブログについては回答を遠慮したい」

と返答した。

   プライドを傷つけられたラサールさんは感情的にブログを書いたものの、その後、冷静になると「首相に失礼だ」と思い直し、削除したということなのかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中