「ひこにゃん」への寄付2か月100万円  「ふるさと納税」でうるおう滋賀・彦根市

印刷

   居住地以外の県や市町村に寄付をすると、住民税などが軽減される「ふるさと納税制度」がスタートし、各自治体はお土産を渡すなどして、獲得のために知恵を絞っている。生まれ育ったふるさとに寄付するケースが多い中、滋賀県彦根市のキャラクターで「ゆるキャラ」としても人気の「ひこにゃん」を応援する目的で設けられたユニークな納税制度に、全国各地から寄付が集まっている。2か月あまりで100万円を越えた。

8割が「ひこにゃん」への寄付 最高額は「25万円」

   彦根市の「ふるさと納税」は、彦根城をはじめとする歴史文化遺産を保存・整備するための事業、子供たちの教育環境を整備する事業などの全6つの事業ごとに分かれている。募集を始めた2008年9月19日から11月11日までに、合計166万円(145件)が集まった。ところが、このうちのほとんどが、市のマスコットキャラクター「ひこにゃん」の活動をサポートする「みんなのひこにゃん応援事業」に寄せられたものだという。100万7000円(115件)にものぼり、寄付全体の8割を占めている(件数ベース)。

   彦根市街づくり推進室の室長は、

「ひこにゃんと会い、ファンになったとか、癒されたという観光客が寄付するケースが多いです。中には、自分の住んでいる町に来て欲しいので、そのための活動資金として寄付をする人もいます」

   1人あたりの寄付金は、5000円(1口)が多い。ちなみに最高額は、なんと「25万円」だという。また、10月25、26日に市内で開催した「ゆるキャラまつり」で、約9万円(18件)が集まった。

   ぞくぞくと集まる理由は、こんなところにもある。5000円以上を寄付すると、「ふるさと彦根たっぷり満喫! 年間パスポート」がもらえ、彦根城などの4施設への年間入場料が無料になるからだ。

「パスポートにはひこにゃんが写っていて、『ひこにゃんグッズ』としても人気を呼んでいます。これが欲しくて寄付する人もいるようです」

交通費、クリーニング代に使われる

   集まった資金は、ひこにゃんが全国各地で行われるイベントに出るための交通費に使われる。また、同市のホームページによると、「ひこにゃんお手入れ費用」にも使う。「きれい好きのひこにゃんを、いつもふわふわで真っ白に保ちます」と説明され、主にクリーニング代になるようだ。

   全国にはひこにゃんの他にも、地域にちなんだ「ゆるキャラ」が多数ある。「goo!」が行った「これはゆるい!」と思う「ご当地ゆるキャラ」ランキングで、1位は「せんとくん」(奈良県)、次いで「テレビ父さん」(北海道)、「い~ねくん」(広島県)などがあがっている。ただ、キャラクターに関連した「ふるさと納税制度」は、設けられていない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中