セブン銀行を除き減益・赤字に ネット専業銀行の9月中間

印刷

   インターネット専業銀行の2008年9月中間決算は、11月17日に出そろったが、セブン銀行を除き軒並み最終減益、最終赤字を計上した。2000年の規制緩和後に開業したソニー銀行やジャパンネット銀行、イーバンク銀行、セブン銀行のうち、セブン銀行はATMの平均利用件数が伸長したことで90億円(前年同期比45%増)の最終利益を計上。しかし、ソニー銀行の最終利益は前年同期比53.6%減の9億円、ジャパンネット銀行は同68.7%減の1億円とそろって減益。株式や債券運用の損失が響いたイーバンク銀行は227億円の最終赤字となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中