毎日新聞、「サイトで犯行示唆」の誤報で再度「おわび」

印刷

   元厚生事務次官宅が相次いで襲われた事件の前に、インターネット上の百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」に、犯行を示唆する書き込みがあったと毎日新聞が誤って報じた問題で、2008年11月20日付同紙朝刊に「おわび」が再度掲載された。同紙は前日の夕刊紙面やニュースサイト「毎日jp」でも「おわび」を掲載している。

   11月20日の同紙朝刊では、「Wikipedia」の記入時刻が協定世界時(UTC)で表記されていることを挙げて「本紙記者はその事実を把握しないまま記事にしました」としている。

   「Wikipedia」の「社会保険庁長官」という項目では一時、歴代長官の名前の前に「×」が記入され、「×は暗殺された人物を表す」との但し書きがあった。この書き込みは事件報道後にされたものだったにもかかわらず、毎日新聞は事件前に犯行を示唆する書き込みがあったと報じていた。11月20日の「おわび」では、同サイトでこの書き込みをしたユーザーについて、いまだ「犯行示唆と受け取れる書き込みをしたとする人物」と表現。このユーザーが謝罪したことも「おわび」のなかで紹介している。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中