核攻撃「やられれば、やる」 田母神氏持論を改めて主張

印刷

   政府見解と反する内容の論文を発表したとして更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長が2008年12月1日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。「1945年に司令官だったらどうするか」という問いには「(米国に原爆投下を)やられたら、やる」と述べたほか、「核武装は議論すべきだ」「自衛隊についての意見が割れる憲法は直すべきだ」などと、改めて持論を展開した。

「どこの国でも、歴史教育は『光』の部分に焦点を当てて教える」

田母神氏はあらためて持論を展開した
田母神氏はあらためて持論を展開した

   冒頭、田母神氏は

「前航空幕僚長の、危険人物の田母神です。5分も話してもらうと、私がどれだけ穏やかな人か分かる」

と切り出し、会場を沸かせた。さらに、

「顔が少しゆがんでいるが、決して心がゆがんでいるわけではない。これは国家機密だが、4年前に頭の耳後ろ側に2センチ大の腫瘍があるということで、7時間半ほどの手術をした。その結果として、顔が全部ゆがんだ」

と、04年に腫瘍の手術を受けていたことを明らかにした。

   論文で発表して問題化した自らの歴史認識については、

「先方から言われる(批判される)のであれば、『本当はこうだ』と、意見として申し上げている」
「自衛隊が戦える体制をとることで、戦争を抑止することができる。ところが、『体制をとると戦争になる』と言われてしまう。これは自虐史観に基づいているのでは」
「きちんとお互いに本音をぶつけて話すことが重要。日本では『察し』の世界というか『今にわかる』というところがあるが、これでは外国人には通用しない。日本人は討論のストレスに耐えられない。だが、きちんと話し合いをすることが(事態改善への)近道」

などと持論を展開。さらに、

「イラクに派遣されて他国が攻撃を受けても、助けることができない」

などと、集団的自衛権の行使を認めるように改めて主張した。

   一方、今回の「論文騒動」については、

「論文に書いたようなことは5~6年前からずっと言ってきたし、インターネットにも載っている。これだけの大騒ぎになるとは夢にも思わなかった。どこの国でも、歴史教育は『光』の部分に焦点を当てて教えるもの。ところが、『自分の国はいい国だ』と言ったら、政府から『何を馬鹿なことを言っているんだ』と、クビになった。こんな馬鹿なことがあっていいのか、と内心では思っている」

と、政府や、政府の任命責任を追及した野党への不満をぶちまけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中