松島明子のブログが炎上 飯島愛訃報に絵文字は不謹慎??

印刷

   タレントの松島明子さんが2008年12月24日に書いたブログに批判のカキコミが殺到して炎上した。飯島愛さんの死を惜しむ文章だったが、ブログで使った絵文字が不謹慎だという理由だった。松島さんはこの日のブログを削除して謝罪した。

   松島さんは「衝撃☆」というタイトルでこの日ブログを書いた。そこには、

「速報で知りました(絵文字)『飯島愛』さんが、亡くなったと・・・(絵文字)ビックリです。。。言葉が出ないです。。。話したコトはないですが、『金スマ』で一緒だったというので、なんだか身近に感じてました。だから、物凄くショックです(絵文字)」

と書かれていた。飯島さんの死を惜しむ普通の文章だが、アップ後間もなく批判のカキコミが殺到する。

「不愉快に思われたことは、大変申し訳ない」と謝罪

松島さんの炎上したブログ。カラフルな絵文字が使われた
松島さんの炎上したブログ。カラフルな絵文字が使われた

   コメントを見ると、

「悲しい事なのに、題名に☆は無いでしょ。絵文字は無いでしょ。軽すぎる」
「絵文字は不謹慎です。訃報に絵文字使うブロガーは見たことありません」
「謝罪しなさいよ!!!」

などが並び、こうした批判コメントを削除したことが「コメント消すなんて最低です」と炎上に拍車をかけた。

   松島さんはブログをアップしてから4時間半後の21時22分にこの日のブログを削除、

「今日の記事で、皆様に不愉快に思われたことに、大変申し訳なく感じております。大変すみませんでした。2007年度に、肉親を亡くしているので、人の命の大切さは、十分にわかっていたつもりでしたが、不十分でした」

との謝罪文をブログに掲載した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中