「麻生首相が土足で土俵」批判 デーモン閣下の「勇み足」

印刷

   大相撲のコメンテーターとしても知られる歌手の「デーモン小暮閣下」が、ブログで麻生首相を「土足で土俵に上がったことはゆゆしき問題である」と非難した。2009年1月25日に行われた表彰式でのことだ。麻生首相が映っているその画像を見直してみると、確かに黒い革靴のようにも見える。しかし、これは閣下の勇み足だったようで、ブログは既に削除されている。

「かつて目にしたことのないこと」が起こった

   大相撲の千秋楽は、横綱朝青龍が1敗で並んだ横綱白鵬との優勝決定戦を寄り切りで制し、5場所ぶり23度目の復活優勝を遂げた。表彰式が行われた土俵には麻生首相が登場、

「数々の試練を乗り越えての優勝。やっぱり横綱は、強くなくっちゃ!」

と朝青龍の優勝を讃えた。

   この場面を見た「デーモン小暮閣下」は、09年1月26日付けのブログで、日本の文化や伝統の継承が各所で問われているのに、かつて目にしたことのないことが起こった、とし、

「大相撲の表彰式にて、内閣総理大臣が『土足で』土俵に上がった」

と書いた。

   デーモン閣下によれば、表彰式では雪駄履きの場合を除き、靴を脱ぎ、スリッパに履き替えるのが通常で、首相も靴で上がっていいのか、という躊躇や疑問をもって当然だ、そうだ。

「そういうところに気がまわらないのも、今の支持率につながっているのではないか?」

   さらに、日本人が日本の文化を学んでいないのに、外国力士の不勉強を問えるのだろうか、と疑問を投げかけ、

「だめだこりゃ、日本の未来は。と、言いたい」

と結んだ。

   「土足騒動」といえば、横綱白鳳から招待されたロックバンド「XJapan」のリーダーYOSHIKIさんが、08年9月28日、ブーツのままで両国国技館の「あがり座敷」を歩いてしまい、大相撲関係者から「畳の上だぞ、靴を脱げ!!」と怒鳴られることがあった。

スーツの場合は相撲協会がスリッパを用意するのが通例

   首相は本当に土足で土俵に上がってしまったのか、問題の映像を確認してみると、確かに黒い革靴のようにも見えなくはない。ただし、優勝杯を朝青龍に渡すときに、足の裏と履いているものの底が離れた。

   日本相撲協会にJ-CASTニュースが取材すると同協会広報部は、デーモン閣下のブログを読んだ人から何件もの問い合わせが入っている、とし、

「麻生首相は協会で用意したスリッパを履いていました」

と説明した。土俵に土足で上がるのは厳禁のため、表彰式の時などは協会がいつも履き物を用意しそれを使ってもらうことになっているそうだ。ちなみに、力士と同じように裸足で上がってもいいそうだが、

   「スーツに裸足は似合いませんので、スーツの場合はスリッパを用意するのが通例です」 ということなのだそうだ。デーモン閣下のブログについては、今のところ抗議をする予定はないという。そのエントリーだが、09年1月26日午後4時30分の時点で閲覧できなくなっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中