まことちゃんハウス訴訟 住民側の訴えを棄却

印刷

   漫画家の楳図かずおさん宅近くに住む住民が、同宅の赤白色の外壁の撤去などを求めていた裁判で、東京地裁は2009年1月28日、住民側の訴えを棄却する判決を言い渡した。判決では、「不快の念を抱かせるとしても、私生活ないし平穏生活権を、限度を超えて侵害するものということはない」とその理由を述べた。

   東京・吉祥寺にある楳図さん宅は、トレードマークとする赤と白で描かれており、その作品名を取って「まことちゃんハウス」と呼ばれている。しかし、近くの住民からは「景観が破壊される」と反発の声が上がっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中