「卒業式の撮影」をめぐり議論 和歌山県の中学校

印刷

   和歌山県南部を中心に発行している夕刊紙「紀伊民報」は2009年2月16日、和歌山県立田辺中学校が09年3月に行う卒業式で「個人情報保護法などを理由に、保護者らによるカメラ・ビデオ撮影を禁止する方針である」と伝えた。父兄からは反対の声もあがっており、同中学校では、まだ結論は出ておらず「検討中」という。

   同中学校は06年に、和歌山県立田辺高等学校に併設して開校。09年に初めての卒業式を迎える。同高等学校では08年度の卒業式や入学式で、撮影を遠慮するよう協力を呼びかけていたが、同中学校ではこれまで入学式、運動会、卒業式などで呼びかけたことはないとしている。

   同中学校はJ-CASTニュースの取材に対し、

「撮影を禁止する、ということではない。保護者からも数件問い合わせが来ているので、具体的なルールを示すことも含め、近日中に結論を出すよう検討中である」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中