北朝鮮、飛翔体を発射 韓国は「人工衛星」と確認?

印刷

   政府は2009年4月5日午前、「午前11時30分ごろ、北朝鮮から東の方向に飛翔体(ひしょうたい)が1発発射されたもよう」と、また「北朝鮮から発射された飛翔体は、11時37分ごろに太平洋へ通過したもよう」だと発表した。警察庁によると、国内で被害の情報は入っていない。

   舞水端里(ムスダンリ)ミサイル発射基地から発射された飛翔体は3段式であると見ており、一つ目の落下物は秋田県西の280キロの日本海に落下と推定。その後飛翔体は秋田県と岩手県上空を通過。2つ目の落下物については当初、日本から東に1270キロの太平洋に落下したと推定されると発表したが、その後、落下地点は不明で、飛翔体の追尾を終了した日本の東2100キロまでの間には確認できなかったとしている。現時点で日本領土内への落下物は確認されておらず、 PAC3での迎撃など、破壊措置は行わなかったとのことだ。ミサイルか人工衛星かはわかっていない。

   河村官房長官は正午ごろ開いた会見で「わが国の領域、周辺への落下物の有無を含め、案全確認の作業を継続するとともに、米国を始めとする関係国とも連携し、鋭意情報収集中」とし、「例え人工衛星であっても、国連安保理決議に違反するのでありますから、北朝鮮に対し、打ち上げの中止を強く求めてきた。それにも関わらず、北朝鮮が発射を強行したことは極めて遺憾であり、厳重に抗議する」と述べた。

   韓国でも飛翔体の発射は確認され、朝鮮日報が報じたところによると、韓国政府当局者は「人工衛星と確認された」と語っているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中