洋七に「虚言癖」?? 紳助がテレビで暴露

印刷

   大ベストセラー「佐賀のがばいばあちゃん」の作者・島田洋七さんが、朝日新聞のインタビューでちょっとした「ウソ」をつき、それが掲載されていた。島田紳助さんがテレビ番組で「追及」し、洋七さんもそれを認めた。もっとも洋七さんは「ホラとかウソはつくべきですよ」といい、芸風だといわんばかりだ。

「甲子園にセカンドで出た」?

   紳助さんと洋七さんが出演したのは、2009年4月6日に放送された日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」。洋七さんを見て芸能界に入りたいと思ったくらい、お笑いの才能に満ち溢れていて、とても尊敬している。そう紳助さんは持ち上げる一方で、虚言癖のかたまりのような人だとも紹介した。

   たとえば、こんな例だ。

「広島の広陵高校の野球部出身で、甲子園にセカンドで出た」

   洋七さんはずっとこう言い続けてきたのだという。しかしそれはウソ。このウソを信じたテレビ局もあり、広陵高校野球部監督とのご対面企画を持ってきた。その際、セカンドを守っていた生徒とは名字が違う、と指摘されると、「母親、離婚したんです」と目に涙を溜めて答えたのだそうだ。

   次に番組では朝日新聞の06年8月17日の紙面が映し出された。それは洋七さんが高校野球甲子園大会について語った、顔写真入りの記事だった。洋七さんはそこでこう語っていた。

「ばあちゃんはこうも言ってたなあ。『高校野球は引き分けがいい』って。孫と同じような年の子供たちが勝ち負けでくっきり分けられるのが嫌だったのかな」

   番組では、人生のうんちくを語る「がばいばあちゃん」も、ひょっとして洋七さんの作り話しなのではないか、という疑問も出ていた。この記事を紳助さんが紹介したとき、「ばあちゃんは絶対言っていない!」という声が出演者達から漏れた。紳助さんは、この記事の信憑性は低いとし、

「朝日新聞社!(洋七さんに)訊きに行くなよ!!」

と叫んだ。

「ばあちゃん」のコメントは「相撲」についてだった?

   洋七さんは、「ばあちゃんは確かに言っていた、疑うのはやめてほしい」と反発。

「相撲のとき言うてた。相撲は本当に好きで、ラジオをずっと訊きながらね。それをまぁ、野球に替えただけの話。野球も相撲も似たようなもんやて」

   するとスタジオは「替えたんじゃないか!」と「騒然」。

   また、

「ホラとかウソはつくべきですよ。(がばいばあちゃんの売れゆきは)1000万部ですよ。ここまできたら、ホラもウソも、ほんまもんやで」

など芸人らしい受け答えで煙に巻いた。

   J-CASTニュースが広陵高校に問い合わせてみたところ、洋七さんは野球部に所属していたのは確かだということだった。ただ、野球部は途中で退部。甲子園大会に出場したのかどうかは、古い話なのでわからない、ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中