大型クレーンが転倒、トラック下敷きに 62歳女性が心肺停止

印刷
救急隊員によって搬送される負傷者
救急隊員によって搬送される負傷者

   東京消防庁に2009年4月14日午前11時11分、東京都千代田区麹町4丁目の工事現場で大型クレーンが倒れたと通報があった。クレーンは工事現場が面している国道20号線側に向けて倒れ、コンテナつきのトラックが下敷きになり、6人が負傷した。そのうち3人が意識不明。

   同庁の0時45分の発表によると、午前11時10分ごろ、重さ6トンの「スタンドパイプ」と呼ばれる器具をクレーンでひき抜き、3メートルの高さまで釣り上げた時に、バランスを崩して転倒。6車線ある国道20号線(新宿通り)の3車線をふさぐ形で、通行中の歩行者と、トラックが下敷きになった。

   確認できている負傷者は6人で、そのうち歩行者の女性(62)が心肺停止状態。トラックからは3人が救出され、39歳男性、29歳男性が重傷で意識不明。トラックに乗っていた40歳男性とクレーンのオペレーターの男性(38)は重傷だが、意識はあるという。歩行者の男性(33)は軽傷。

トラックから3人が救出された
トラックから3人が救出された

   現場付近には警察や消防の関係車両や報道陣、見物人が多数詰めかけ、騒然とした状態で救出作業を見守った。

   事故を目撃していた飲食店経営の女性(70)は、

「店の前にいたら、突然、歩くのが苦しいくらいの風が吹いて、クレーンがギャーと音を立てながら倒れていくのが見え、道路に止まっていたトラックの運転席に落ちたのです」

   と話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中