出版社側は「『盗用』ではないと判断」 ディズニーランド逸話本の「盗用疑惑」

印刷

   東京ディズニーランドでのエピソードを集めた本「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」(サンクチュアリ・パブリッシング発行、中村克著)に盗用疑惑が持ち上がっている。

   読売新聞は2009年4月20日、同紙に掲載された投書作品と酷似した内容の文章が掲載されていると報じた。それによると、問題となっているのは、「大きな白い温かい手」と題された文章。ディズニーのキャラクターが車いすの男性を励ます内容で、04年11月に読売新聞に掲載された、同年の「小さな親切はがきキャンペーン」(運営:社団法人「小さな親切」運動本部)での入賞作品と、文章の流れや表現が酷似しているという。その他この本には、インターネット掲示板に投稿された、同ランドで感動した出来事に関する書き込みと似た文章も収録されている、としている。

「すでに誰もが知っている話だという著者の判断」

   出版元であるサンクチュアリ出版は「大きな白い温かい手」のエピソードについて、

「各方面の資料や関連サイトなどから取材をしていた際に、数多くの書き込みがインターネット上にあり、すでに誰もが知っている話だという著者の判断」

があった上での掲載だったとしている。エピソードが読売新聞紙上ですでに発表されていたことは、同紙からの指摘を受け「初めて知った」とし、著者の中村氏と緊急協議の結果「体験されたご本人」と「著作権を有する『小さな親切』運動本部」に対し、「誠意を持って対応」するという。

   ただ、「盗用疑惑」に関しては、

「インターネット上で数多く投稿されている、周知の心温まるエピソードとして採用したもので、読売新聞の記事の『盗用』ではないと判断しております」

との見解だ。しかし、法的な問題については判断がつかないため、「現在、法律の専門家の方と相談」しているとのことだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中