普通のおばさん「スーザン・ボイル」 美声に全世界が大注目!

印刷

   英国のオーディション番組「ブリテンズ・ゴット・タレント」(Britains Got Talent)で、48歳のスコットランド人女性「スーザン・ボイル」(Susan Boyle)の熱唱する姿が2009年4月11日に動画サイト「YouTube」にアップされ、すでに3500万回の再生回数を数えるほどの人気となっている。

   スーザンは独身で無職。ふつうのおばさん、といった風情だ。ステージに上がり、インタビューを受ける様子もたどたどしい。「プロのシンガーになりたい」というスーザンに、観客や審査員からは失笑も漏れていたが、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の「夢やぶれて」(I Dreamed a Dream)を披露すると観客、審査員ともに騒然、大歓声。約2分間の熱唱に、観客はスタンディングオベーション、審査員からは「これほど驚いたことはない」「心の底から感動した!」など最大級の賛辞が送られていた。

   19日には複数の英メディアが、スーザンが番組中で「目標」としていたミュージカル歌手、エレイン・ペイジのコメントを紹介。「私を含めたみんなが彼女のパフォーマンスに心を奪われたわ。彼女とデュエットすべきかしら?」と賞賛。すでにスーザンには取材や出演の依頼も殺到しているそうで、今後ますます注目を集めそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中