清水由貴子「介護自殺」 母親の認知症に「うつ状態」?

印刷

   元タレントの清水由貴子さん(49)「自殺」の背景には、母親(80)の介護疲れがあるのではとの見方が強まっている。半年ほど前には、認知症の進行などで、母親が最も重い要介護度5と認定されていた。なぜ「自殺」を防げなかったのか。

「先週までほがらかで明るい笑顔」

清水由貴子さん「自殺」を伝えるスポーツ紙各紙
清水由貴子さん「自殺」を伝えるスポーツ紙各紙
「先週までの由貴子さんは、テレビで見るような、ほがらかで明るい笑顔だったと聞いています。私どもも関係した者も、みなショックを受けています」

   清水由貴子さんが1994年から母親と妹の3人で暮らしていた東京・武蔵野市の高齢者支援課担当者は、今回の自殺についてこう話す。

   新聞各紙によると、由貴子さんは2009年4月21日午後1時20分ごろ、静岡県内の霊園にある父親の墓前で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。顔を入れていたポリ袋から硫化水素が検出されたため、御殿場署が自殺とみて調べている。近くでは車いすの母親が一時意識を失っていたが、病院に運ばれて命に別状はないという。死亡推定時刻は、前日の午後5時ごろだった。

   清水由貴子さんは、芸能界では、1977年に歌手デビュー。欽ちゃんファミリーの一員としても活躍し、同期の高田みづえさん、榊原郁恵さんとの「フレッシュ3人娘」として知られた。しかし、母親の介護専念を理由に、2006年3月に所属事務所を辞め、07年9月には芸能界を引退している。

   由貴子さんの母親は、デビュー当時から糖尿病や腎臓病を患って目などが不自由で、由貴子さんが世話をしていた。そして、武蔵野市によると、事務所を辞めた後の2006年10月に、母親が家の中で転倒し、腰の骨を折って歩けなくなったため、由貴子さんが同市に介護保険を申請。2番目に重い要介護度4と認定されて、リハビリなどの介護サービスを受けた。

   その後、母親は半年ほどで回復。07年3月の更新調査で、比較的軽い介護度の要支援2と判定されたため、自費でデイサービスを利用していたが、08年8月、家の中で再び転倒してろっ骨を折り、12月まで入院することになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中