ゲーム機「iPhone」大ヒット 近い将来「DS」「PSP」抜く?

印刷

   アップル社の「iPhone」(アイフォーン)」が携帯型ゲーム機として世界中で大ヒットしているのだという。「iPhone」は2100万台以上売れていると言われ、ゲームを含むソフトのダウンロード数が10億を突破した。携帯型ゲーム機と言えば任天堂の「DS」、ソニーの「PSP」が2強だが、携帯電話でゲームを遊ぶ人口が急増し、近い将来携帯型ゲームは「iPhone」中心になるのでは、という予想まで飛び出している。

ゲームソフトの値段が1000円程度と安い

   米アップルが2009年4月22日に発表した09年1-3月期決算では、「iPhone」は前年同期の2.2 倍の約379万台が売れた。ソフト販売などを含む「iPhone」部門の売上高は4倍にもなった。08年夏に始めた対応ソフトの累計販売が10億本を突破したからだ。うち、3億本以上がゲームソフトの売上と言われる。このソフトが使えるのは「iPhone」と「iPod touch」で累計販売台数が3700万台。うち「iPhone」は2100万台以上といわれている。

    「iPhone」のライバルは、既存の携帯電話だけでなく,今や「DS」や「PSP」などの携帯型ゲーム機なのだそうだ。携帯型ゲーム機並に画面が大きく、画像も繊細で、エンジンも高性能なため本格的なゲームが楽しめるからだという。

   「iPhone」と「DS」の両方を所有している神奈川県の30代男性サラリーマンは、「ゲームはiPhoneだけ使うようになった」という。気晴らし程度で遊ぶため2台はいらない。携帯電話は常に持ち歩くため必然的にゲーム用は「iPhone」になったのだそうだ。

   有利な点は電話としていつも持ち歩くことだけではない。ゲームソフトの値段の安さがある。例えば「DS」は1本あたり4000~5000円だが「iPhone」の場合は高いもので1000円程度。ショップに出掛ける必要が無く、ダウンロードで買える。また、携帯電話ゲームの人気は高まっていて、ここ数年急速に売上げを伸ばしてきた。モバイル・コンテンツ・フォーラムの調査によれば、日本のモバイルゲーム市場は04年に415億円だったのに対し、07年は848億円と2倍以上になった。ほとんどが携帯電話用ゲームの売上げだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中