無料ダイヤ5000個に長蛇の列 モーブッサン銀座店

印刷

   フランスの老舗ジュエラー「モーブッサン(MAUBOUSSIN)」が東京・銀座店で2009年6月1日に始めたキャンペーンが反響を呼んでいる。

   約0.1カラットのダイヤモンド裸石1個を、先着5000人にプレゼントするというもの。この不況下に無料でダイヤをもらえるとあって、読売新聞によると午前9時の配布前から約1500人が並び、その列は1時間後には約1500メートル近くにもなった。整理券5000人分は午前10時30分には配り終え、もらえない人も出た、という。

   もらったダイヤはリング、ペンダント、イヤリング、カフスボタンのいずれかにセッティングすることもできる。価格はリングが5万円、ペンダントが7万円、イヤリングが9万円、カフスボタンが9万円。分割10回払いの場合、手数料はモーブッサンジャパンが負担する。

   モーブッサンは1827年にフランスで創業し、世界5大宝飾店「グランサンク」の1つ。日本では高島屋など百貨店内にショップを展開し、2009年2月に銀座中央通りに旗艦店をオープンした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中