新型インフル 警戒水準を最高の「フェーズ6」に引き上げ

印刷

   世界保健機関(WHO)は、新型インフルエンザの警戒水準を、「フェーズ5」から最高の「フェーズ6」に引き上げた。マーガレット・チャン事務局長が日本時間2009年6月12日未明にジュネーブの本部で記者会見し宣言した。新型インフルエンザの世界的大流行は68年の「香港風邪」以来41年ぶり。最近の1週間でオーストラリアなど南半球で感染者が急増。6月11日までに感染者は2万8000人以上になり、74か国・地域に広がっているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中