セブンイレブン 食品廃棄コストの15%を本部が負担

印刷

   セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブンイレブン・ジャパンは、加盟店(フランチャイズ)が廃棄処分した食品の原価の15%を本部が負担すると、2009年6月23日に発表した。

   同社は販売期限の迫った弁当などの「見切り販売」を行う加盟店に対して不当な制限を行ったとして、6月22日に公正取引委員会から排除措置命令を受けていた。

   実施は7月から。「廃棄ロスを怖がるばかりに仕入れを控えたり、また今回の件(公取委からの排除措置命令)で動揺している加盟店のオーナーが少なからずいることで、消費者に十分な商品の提供ができなくなる」との懸念から、本部の負担を決めた。

   廃棄処分した食品の原価を加盟店が負担するのは、コンビニ業界の共通認識だった。セブンイレブンが廃棄ロスの一部負担を決めたことで、他社にも広がる可能性がある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中