5月の完全失業率5.2%に悪化 有効求人倍率は過去最低を更新

印刷

   総務省が2009年6月30日に発表した労働力調査(速報)によると、5月の完全失業率(季節調整値)は前月に比べて0.2ポイント悪化して5.2%となった。4か月連続で悪化した。男性は5.4%と、前月比0.1ポイント悪化、女性は4.9%で同0.3ポイント悪化した。

   完全失業者数は347万人で、前年同月比で77万人増えた。7か月連続の増加。就労者数は6342万人で、同136万人の減少。16か月連続で減少した。

   産業別では、製造業やサービス業、建設業で減少したが、卸売業・小売業、生活関連サービス業、娯楽業などで増加した。

   また、厚生労働省が同日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、0.44倍と前月から0.02ポイント低下し、過去最低を更新した。厚労省は雇用判断を「さらに厳しさを増している」と5か月ぶりに下方修正した。

   製造業などの在庫調整が進み、生産の持ち直しの動きが広がるなかで、雇用情勢は厳しい状況が続いている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中