「池田屋」跡に居酒屋がオープン 東映が監修、江戸時代イメージ

印刷

   幕末の「池田屋騒動」の舞台となった京都市中京区の「池田屋」跡に2009年7月8日、居酒屋チェーン、チムニーが「海鮮茶屋 池田屋 はなの舞」をオープンする。店名に「池田屋」が冠されるとあって、約130年ぶりに池田屋が復活すると地元で話題になっている。

   外観は地上2階、地下1階の現代的な建物だが、内装は東映が監修し、江戸時代をイメージした。入り口を入るとすぐに、映画に登場する「池田屋階段落ち」の高さ約7メートルの吹き抜けの階段がある。旅館の帳場や、壁面には新選組の近藤勇、土方歳三らの写真が飾られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中