鳩山新内閣の閣僚 正式に発表

印刷

   2009年9月16日、第93代首相に選出された民主党の鳩山代表は、新内閣の閣僚を正式に決定した。平野博文・新官房長官が閣僚名簿を発表。厚生労働相に長妻昭政調会長代理、外相に岡田克也幹事長、総務相に原口一博「次の内閣」総務相、社民党の福島瑞穂党首を消費者行政・少子化・食品安全・男女共同参画担当相に充てた。

   このほかの閣僚には、菅直人代表代行が副総理・国家戦略局担当相、北沢俊美副代表が防衛相、国民新党の亀井静香代表が郵政問題・金融担当相、川端達夫副代表が文部科学相、前原誠司副代表が国土交通相・沖縄北方・防災担当相、千葉景子参院議員が法相、中井洽元法相が国家公安委員長にそれぞれ起用されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中