JALの自主再建 前原国交相「十二分に可能」

印刷

   前原誠司国交相は2009年9月30日午後、臨時に会見を開き、日本航空(JAL)の再建問題について鳩山由起夫首相に現状を説明したことを明らかにした。前原氏は「海外の金融機関がJALに対して過度に不安を持っている。政府としては、これを払拭したい。JALの自主再建は十二分に可能だ」と述べ、信用不安を打ち消したい考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中