空飛ぶ女性「パンツ」動画 大人気「日本の恥」か「誇り」か

印刷

   女性用のパンツが鳥のように群れをなして飛び、最後はジェット噴射で宇宙に向かうーー。そんなユニークなアニメが動画投稿サイト「ユーチューブ」で大人気になっている。綺麗な描写と感動的な歌も相まって、「今年一番の神アニメ」という評価も出ているが、外国人と思われる人々からは「変態」「クレージー」といった批判的なコメントが書き込まれている。

   色とりどりの女性のパンツが、月の夜に羽ばたき、渡り鳥のようにV字編隊を組む。日本を離れ、ヨーロッパやアフリカなどの地域を飛び回る。その数は十数枚から画面いっぱい、数えられないほどにと変化。紛争地帯と思われる場所で、ジェットエンジンを噴射して戦闘機とランデブー。その勢いで宇宙まで突き抜けるかのようなシーンで終了する。全体的に手の込んだ描写で、美しく描かれている。バックに流れる歌は山本コウタローさんが作曲した名曲「岬めぐり」だ。

「日本人はヘンタイ」「日本人は狂っている」

「ユーチューブ」にアップされた「パンツ」の映像
「ユーチューブ」にアップされた「パンツ」の映像

   実は、この動画は2009年10月から始まったアニメ、「そらのおとしもの」第二話のエンディング。パンツが出てきた理由は、第二話にはアニメに登場する美少女「イカロス」の特殊な力によって、主人公の桜井智樹が通う学校の女生徒のパンツが飛んでいく。そんな描写があるからだ。そのアフターストーリーとして問題のエンディングが作られた。「ユーチューブ」にこの動画がアップされたのは09年10月11日。アニメのストーリーを知らない人達が突然、大量の空飛ぶパンツを見たものだから、その驚きはかなりのものだったようだ。閲覧数は14日時点で25万を超えた。

   「ユーチューブ」のコメント欄には、外国人と思われる人達のコメントが並んでいて、

「私は飛べるブタの話しは耳にしたが、しかし、これはおかしい」「日本人はヘンタイ」「とってもとってもヘンタイ」「日本人は狂っている」

など否定的な感想が多く出ている。

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2015/06/05

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
038
声のでかい過剰表現を採るな 2009/12/ 2 17:37

このED映像だけなら好きだが、「09年最高の神アニメ」ではないだろう。
こういうアニメ信者的な刷り込みを、公共の場…それも一ニュースとして行わないで欲しい。
統計でも取ったのなら話は別だが、「こういうものもあった」程度の事なら、ああいう表現は控えるべき。

037
現在アニメ好き 2009/10/27 15:33

>12

本当にアニメ業界に籍を置く方でしたら、毎日お疲れ様です。あなた方のおかげで毎週楽しいアニメが見られるわけですしね。

ただ、現在のBDとDVDの売上による利益回収の体制を作ったのも、他ならぬアニメ業界自身であるのは事実です。「アニメ作っとけば、DVDが売れて儲かる」という考えがあったらしく、2004年以降は爆発的にアニメの本数は増えていったそうです。その分、名作も多く生まれましたが、この考えは正しかったのでしょうか?

また、子供向けアニメの本数は今も昔も極端に変わらない気がする上に、俺が子供の頃に夕方に見ていたアニメは決して子供向きとは言えない物ですが、とても面白かったですよ。子供向けアニメを作れば、子供が見たいと思うというのは、少し考え直す所もあるのではないでしょうか?

でしゃばって、すいません。

036
あのぉ… 2009/10/23 05:07

日本のアニメは娯楽より、アートに近い気がしますね。例えば、ピカソが空飛ぶパン○を描いてたのならば高く評価されてたかも。
ただ、ビジネスが絡んだ結果だと知ると、かなしいです。

コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

ハイクラス転職サイト【登録無料】

夏はしっかりと帽子を被ることをオススメします。夏に人気の帽子をご紹介!

男性

量だけの問題じゃない!

実験。同量の食事を急いで食べた人は、よくかんだ人より肥満する率が倍だった?!

ミニッツシンキング

36年後の続報、自殺した試験管ベイビー第2号医学者の遅すぎる名誉回復