2018年 7月 20日 (金)

空飛ぶ女性「パンツ」動画 大人気「日本の恥」か「誇り」か

印刷

   女性用のパンツが鳥のように群れをなして飛び、最後はジェット噴射で宇宙に向かうーー。そんなユニークなアニメが動画投稿サイト「ユーチューブ」で大人気になっている。綺麗な描写と感動的な歌も相まって、「今年一番の神アニメ」という評価も出ているが、外国人と思われる人々からは「変態」「クレージー」といった批判的なコメントが書き込まれている。

   色とりどりの女性のパンツが、月の夜に羽ばたき、渡り鳥のようにV字編隊を組む。日本を離れ、ヨーロッパやアフリカなどの地域を飛び回る。その数は十数枚から画面いっぱい、数えられないほどにと変化。紛争地帯と思われる場所で、ジェットエンジンを噴射して戦闘機とランデブー。その勢いで宇宙まで突き抜けるかのようなシーンで終了する。全体的に手の込んだ描写で、美しく描かれている。バックに流れる歌は山本コウタローさんが作曲した名曲「岬めぐり」だ。

「日本人はヘンタイ」「日本人は狂っている」

「ユーチューブ」にアップされた「パンツ」の映像
「ユーチューブ」にアップされた「パンツ」の映像

   実は、この動画は2009年10月から始まったアニメ、「そらのおとしもの」第二話のエンディング。パンツが出てきた理由は、第二話にはアニメに登場する美少女「イカロス」の特殊な力によって、主人公の桜井智樹が通う学校の女生徒のパンツが飛んでいく。そんな描写があるからだ。そのアフターストーリーとして問題のエンディングが作られた。「ユーチューブ」にこの動画がアップされたのは09年10月11日。アニメのストーリーを知らない人達が突然、大量の空飛ぶパンツを見たものだから、その驚きはかなりのものだったようだ。閲覧数は14日時点で25万を超えた。

   「ユーチューブ」のコメント欄には、外国人と思われる人達のコメントが並んでいて、

「私は飛べるブタの話しは耳にしたが、しかし、これはおかしい」「日本人はヘンタイ」「とってもとってもヘンタイ」「日本人は狂っている」

など否定的な感想が多く出ている。

「こんなアニメが作られるうちはまだ日本は死んじゃいない」

   一方で、

「全ての国がこの種のバカなものを作るならば、世界は平和です」「バカかもしれないが、非常に面白いかもしれません」「私は、日本が、こうした作品を作ることを許される唯一の国であると思います」

といった擁護論もある。

 

   「ユーチューブ」のコメント欄には、

   「日本人として恥ずかしい」という意見もあるのだが、

「不況が来ようと こんなアニメが作られるうちは まだ日本は死んじゃいないと信じたい」「俺このアニメを誇りに思うよ」

といったものも出ている。

   日本のアニメファンの声をネットで検索すると、第一回の放送後、アニメの評判はさほど高くなかったが、第二話とこのエンディングで評価は一変。「09年最高の神アニメだろう」と発言する人まで出ている。

   ちなみにこのアニメは、1話ごとにエンディングが代わるそうで、次回はまた違ったエンディングが見られるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中