「ウィキペディアはネットの肥溜」 西和彦の過激批判の「真意」

印刷

   「Wikipedia(ウィキペディア)はネットの肥溜」。こんな刺激的なタイトルのコラムを、元アスキー社長の西和彦さんがネットで公表し、話題になっている。西さんは3年前にもウィキペディアを厳しく批判したことがある。なぜいま、改めて「ウィキペディア批判」なのか。その真意を聞いた。

   コラムは2009年10月6日、評論家の池田信夫さんが運営するオピニオンサイト「アゴラ」に掲載された。そこには、ウィキペディアの記述をめぐって論争したときの経緯やウィキペディアが抱える問題点が綴られている。

「ウィキペディアにはウソがたくさん入っている」

ウィキペディアの問題点を指摘する西和彦さん
ウィキペディアの問題点を指摘する西和彦さん

   西さんは06年、自分の経歴について書かれたウィキペディアの記事が「独断と偏見の固まり」であると批判し、自らの手で記事の大部分を削除した。その後、記事を編集している他のユーザーと激しい論争が繰り広げられたが収拾がつかず、現在は記事が編集できないようにロックされたままとなっている。

「僕は昔2チャンネルのことを『便所の落書きみたいなもの』といったことがあるが、WIKIは『真実と嘘と無知と偏見と嫉妬と虚栄が混じったネットの肥溜みたいなもの』ではないだろうか」

   西さんはコラムでこのように書き、ウィキペディアは「中身が間違っていて、浅い、薄い、軽すぎる」と厳しく批判した。3年間の沈黙を破って、再びウィキペディアを非難するのはなぜなのか。

「一つはアゴラでコラムを書くことになったので、その第1弾としてウィキペディアを取り上げることにしたのです。ウィキペディアの問題はネットの本質的なことにつながっていますから。もう一つは、今度11月に東大でウィキペディアのフォーラムがあるので、その前に問題提起をしておこうと思いました」

と説明する。それにしても「ネットの肥溜」という表現は刺激的すぎる。

「『ネットの肥溜』と書いたのは、ウィキペディアは養分としては面白いものがあるけれど、とても汚くて、ウソもたくさん入っているからです。別の言葉でいえば、ウィキペディアは『地引網』みたいなもの。なかには何が入っているかわからない。食べられる魚もあるかもしれないが、ゴミや死体も混じっているよ、ということです」
年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

"暑い夏に辛いものを食べるといい"と聞いたことは?今回はカレーの秘密についてご紹介。

メンズ

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中