「なんで斎藤やめさせないんだ!」 武村元官房長官が「亀井裏話」暴露

印刷

   「いつまで斎藤を使っているんだ。あんな悪いやつ、なんでやめさせないんだ!」。日本郵政の次期社長に内定した斎藤次郎氏(元大蔵事務次官)について、亀井静香郵政・金融担当相はかつてこんな批判をしていた――。1990年代の村山内閣で大蔵相を務めた武村正義元官房長官が、「裏話」をテレビで暴露した。

   武村氏は2009年10月25日朝にTBSで放送された番組「時事放談」に出演した。亀井氏が21日の会見で「斎藤さんは極めて有能。人格的にも信頼できる」と述べたことについて、「非常に違和感を感じた」と発言。大蔵相を務めていたときに、当時運輸相だった亀井氏から聞いた言葉を紹介した。

「武村さん、いつまで斎藤を使っているんだ」

日本郵政次期社長の名前を公表した会見で、亀井静香郵政・金融担当相は「斎藤さんは私の長年の友人」と述べ、親密な関係を強調した
日本郵政次期社長の名前を公表した会見で、亀井静香郵政・金融担当相は「斎藤さんは私の長年の友人」と述べ、親密な関係を強調した
「閣議が終わったあとの閣僚懇談会で、僕は2回か3回、亀井さんに厳しく『武村さん、いつまで斎藤を使っているんだ。あんな悪いやつ、なんでやめさせないんだ!』ということをガンガン言われたことを思い出しました」

   武村氏と亀井氏は1994年から95年にかけて、村山内閣(自社さ連立政権)の閣僚として一緒に仕事をしている。当時、斎藤氏は大蔵事務次官だったが、野党に下っていた小沢一郎氏と親しい関係にあったことから、連立政権の一角を担う自民党から敵視されていた。

   自民党から入閣した亀井氏の武村氏への働きかけはそのような政治状況を反映したものともいえるが、武村氏は、約15年前の亀井氏の言動と今回の発言が矛盾していると指摘した。

「この間の『すばらしい人間をみてきた』という亀井さんの発言と全然平仄(ひょうそく)が合っていないぞと。テレビの前で亀井さん、悪いけど、そう思ったよ」

   その後、亀井氏と斎藤氏との関係は変化したのかもしれないが、少なくとも15年前はいい関係でなかったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中