共産・市田書記局長、たばこ税引き上げ批判

印刷

   政府が検討中のたばこ税の引き上げについて、共産党の市田忠義書記局長は、2009年11月2日の記者会見で、「庶民増税、大衆課税はよくない」などと批判した。

   市田書記局長は、健康の問題を税と関連づけるのはよくないとして、「禁煙権と同時に喫煙権もあり、国民的な議論が必要だ」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中