小学6年生が「妊娠」? ブログで告白、炎上大騒ぎ

印刷

   小学6年の女児がブログで妊娠を告白したとして、騒ぎになっている。父親は中学2年生だというが、それでも産みたいと明かしたのだ。産科医は、もし本当なら、健康上、経済上の理由から中絶手術を受けるべきだとしている。

「現役の小6 papaゎ中2 まだ結婚ゎ出来ないけど 出産育児頑張りますッ」

   衝撃的な告白内容のブログは、幼さも垣間見えるこんな言葉がトップページにつづられている。

妊娠3か月「不安で不安でいっぱい」

   ブログは、2009年11月17日に始まり、「女児」はこの日の日記で、「現在妊娠3か月です 赤ちゃん 楽しみだな」と書き込んだ。24日には、友だちからせがまれたとして、やや膨れたようにも見えるお腹の写真をアップしている。

   もちろん、まだ11、2歳であるだけに、揺れる気持ちも明かしている。

「ママになるとかあり得ないって思ってました。今でも頑張るとかえらそうな事言ってるけど不安で不安でいっぱいです」

   病院の医師から、出産などについての話を聞いて怖くなったという。この「女児」は、「でも産みたい」としながらも、母親の「先輩」から寄せられたコメントなどをもとに「これからどうするか考えます」と打ち明けている。

   もちろん、内容はウソの「釣り」ブログの可能性はあるものの、書き込まれた告白内容は、生々しく詳細だ。

   ブログは、出産について賛否両論が相次いで、炎上した。26日夕現在は、トップページに「見られたくない人に見つかっちゃったから移転する」などと書かれ、ログインしないと見られないようになっている。

   ところで、小学生への性行為は犯罪につながるが、「女児」のように、小学生で妊娠・出産するような例は、本当にあるのか。

   10代の性に詳しい赤枝六本木診療所院長で産婦人科医の赤枝恒雄さんは、妊娠についてはありえると明かす。

「排卵は小学5年生ぐらいから始まりますので、性行為をすれば妊娠する可能性が出てきます。私の診療所などでは聞きませんが、妊娠例はあるでしょう」

小学生の出産「まず考えられない」

   ただ、小学生の出産については、赤枝恒雄さんは、まず考えられないという。

「骨盤がまだ狭いので危険があり、赤ちゃんが窒息すれば、仮死状態で生まれる可能性があります。また、母親も妊娠中毒になったり血圧が上がったりして危険な状態になることも考えられます。経済的に無理ですし、面倒を見る人もいません。それに、両親が反対するでしょう」

   赤枝さんによると、安全を考えれば、小学生でも帝王切開で出産することはできる。しかし、経済上などの理由から、人工妊娠中絶の手術を受けるべきだと指摘している。

   厚生労働省の統計によると、14歳以下で出産したのは、2008年に38例があった。ただし、赤枝さんによると、ほとんどは中学生ではないかというのだ。一方、中絶したのは、同年度に347例が報告されている。つまり単純計算で10人中9人が中絶を選んでいるというわけだ。統計上では、ここ数年は横ばいだが、赤枝さんは、中学生の出産は増えつつあると感じている。

   小学生らが性非行に走る背景には、家庭環境が大きく影響しているようだ。

   ブログの「女児」は、両親の帰りが遅く毎日けんかしており、その寂しさからデートに楽しみを見出すようになったという。母親には、「まだ居たの?」と聞かれたり、話したくても父が帰ってこなかったりする悩みがつづられていた。外食がちでもあったようで、「仲良しな家族ってものに憧れてたのかも知れないです」と書いている。

   赤枝さんは、こう言う。「性の低年齢化やセックスが大事でなくなったことのほか、この女児のように、家庭環境の問題は大きいでしょう。性行為におぼれる子は、自分に自信がなく、彼氏の愛を引き留めるために、妊娠までしてしまうパターンが多いですね」

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中