鳩山首相「米の意向無視できぬ」 普天間移設「5月までに結論」

印刷

   鳩山由紀夫首相は2009年12月28日、沖縄の米軍普天間基地移設問題について、「米国の意向を無視した与党合意はあり得ない」と述べた。来10年5月までに結論を出す考えも示した。訪問先のインドで同行記者団に話した。新聞各紙が報じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中