藤井財務相が辞任  理由は小沢氏との確執?

印刷

   2010年最初の閣議が開かれた直後、鳩山政権に激震が走った。新政権の予算編成を指揮してきた藤井裕久財務相が鳩山由紀夫首相に辞意を伝えたのだ。「健康上の理由」とされているが、暫定税率をめぐるドタバタが、今回の引き金になったとの見方が出ている。

「健康上の理由というのは最も強いカード」

   藤井財務相は2010年1月5日の閣議後、鳩山首相と協議し、体調不良を理由に辞任の意向を伝えた。鳩山首相は慰留したものの辞意を翻すのは難しく、翌6日に辞任を受け入れた。後任には菅直人副総理が就くことが決まった。

   藤井財務相は2010年度予算の編成作業が完了して3日後の09年12月28日、疲労と高血圧のために検査入院していた。30日の臨時閣議には入院先から出席。その後の会見で予算編成について「相当な重圧」「しんどかった」とこぼしたが、辞任するそぶりは見せなかった。

   ところが年が明けてすぐ、鳩山首相に辞意を伝達した。内閣最高齢の77歳という年齢や予算編成の激務を考えれば、健康状態が悪化して職務を全うできなくなったという理由も分からないわけではない。時事通信の田崎史郎解説委員長も、フジテレビの情報番組『とくダネ!』で

「政治家がやめるときに様々な理由をあげますが、健康上の理由というのは最も強いカード。だから、これを覆すのは難しいと思いますね」

とコメントしている。だが、国会での予算審議を間近に控えた重要な時期。突然の辞任騒ぎに、永田町周辺では「理由は健康上の問題だけではないのでは?」という噂が飛び交っている。

「軍師よりも社外重役の言うことを聞く首相」

   もっとも強く言われているのは、民主党の小沢一郎幹事長との確執だ。藤井財務相は1993年に新生党結成に参加するなど、政治活動の大半を小沢幹事長とともに過ごしてきたが、最近は関係がギクシャクしていたと言われている。特に予算編成の大詰めを迎えた12月中旬の暫定税率をめぐるドタバタが、今回の引き金になったとの見方が強い。

   財源確保を重視する藤井財務相はもともと暫定税率維持派だったが、マニフェストにこだわる鳩山首相の意向で「税率低下」の方向で調整に動いた。ところが、税率維持を提案した小沢幹事長の反発で、結局、鳩山首相は自らの主張を撤回。藤井財務相はハシゴを外された形になったために、嫌気がさしてしまったのではないかというわけだ。

   このような事情について、TBSの情報番組『朝ズバッ!』に出演した片山善博・前鳥取県知事は

「藤井さんは(鳩山首相にとって)軍師的な存在なんですけど、その軍師の言うことよりも、社外重役(=小沢幹事長)の言うことを聞かれるので、キレたわけですよね」

と解説してみせた。藤井財務相は09年の総選挙前に政界引退を表明していたのに、鳩山首相の強い要請で出馬し、内閣入りしたという経緯がある。藤井財務相にしてみれば、三顧の礼をもって迎えたはずなのにこの扱いはなんだ、という気持ちだったのかもしれない。

   いずれにせよ、民主党きっての財政通とされる藤井財務相が政権を離れることの痛手が非常に大きいのは確かだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中