「デジタルサイネージ」、認知度はまだ2割未満

印刷

   ネットリサーチのORIMO(東京都豊島区)は2010年2月3日、ネットワークに接続されたディスプレーでコンテンツ配信を行う「デジタルサイネージ」に関する意識調査の結果を発表した。「デジタルサイネージを知っているか」という質問に対しては、8.3%が「どのようなものか内容まで知っている」、9.9%が「名前は聞いたことがある」と回答。「認知率」は18.2%にとどまった。

   調査は1月22日から31日にかけて同社のモニターに対して行われ、686人から回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中