2010年度のIT投資、46%が「減らす」 IDCジャパン調べ

印刷

   調査会社のIDCジャパンは2010年2月15日、国内企業のIT投資マインドに関する調査結果を発表した。それによると、2010年度(会計年度)のIT投資について、09年度と比較して「増加」と回答した企業は全体の15.5%だったのに対して、「減少」と回答した企業は46.3%にのぼった。同社では、「景気回復が見えない国内経済に照らし合わせると、(国内企業は)来年度(10年度)もIT投資を抑制するという意向を示していると考えられる」とみている。調査は09年11月27日から30日にかけて行われ、354社から有効回答を得た。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中