鳩山首相、企業内部留保への課税検討? 発言の真意は不明

印刷

   大企業の内部留保について、鳩山由紀夫首相が2010年2月17日、「適正な課税を行うことも検討してみたい」との考えを示したと新聞各紙が報じた。共産党の志位和夫委員長との会談で、こう述べたという。

   ただ会談後、記者団の質問に対し、鳩山首相は「前向きではない」と説明したとも報じられている。また、平野博文官房長官は18日の会見で、「総理は検討すると言い切ったとは思っていない」と述べており、鳩山首相発言の真意は不明だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中