「不倫休養」囁かれるアンタ柴田 「解雇はない」と事務所明かす

印刷

   人気お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さん(34)が2010年1月に突然芸能活動を休養した。所属事務所は体調不良のために長期休養、としているのだが、休養の原因を巡って各メディアは様々な憶測を流している。病気ではなく、女性関係のトラブルから「暴力騒動をおこした」「脅迫メールを浮気相手に送った」ことが原因、などと報じていて、事務所は柴田さんを解雇、というものまである。いったい何が本当なのだろうか。

   「アンタッチャブル」は柴田さんと山崎弘也さんが1994年に結成。NHKの「爆笑オンエアバトル」出場などで知名度が上がり、04年「M-1グランプリ」でチャンピオンになった。現在、レギュラー番組5本を抱える売れっ子で、二人は別々にテレビ出演することも多かった。そんな柴田さんは、07年にも急性肝炎で緊急入院し3ヵ月ほど芸能活動を休止したことがある。ただし、この時の休養も女性関係が原因と報じるメディアもあった。

休養発表する直前にピンピンしていた?

   柴田さんの所属事務所プロダクション人力舎は2010年2月1日、「体調不良のため長期休養する」とマスコミ各社にFAXで伝えた。病状や症状については明らかにしなかったため様々な憶測を生み、日刊スポーツは10年2月3日付けの紙面で、休養は柴田さんの女性トラブルが原因とみられ、「アンタッチャブルが解散危機」と報じた。また、テレビ局関係者の話しとして、

「柴田さんと所属事務所は、契約解除に向けて話し合い中」

とも書いている。

   週刊誌各誌はここにきて、相次ぎ「休養の真相」を掲載している。「FLASH」10年2月23日号によれば、柴田さんは活動休止を発表する直前でもピンピンしていて体調不良が原因ではない、と断じている。休養の原因は柴田さんの浮気が原因で、それが元で暴力沙汰に発展。暴力を受けた浮気相手が被害届を出す、出さないで揉め、それが「人力舎」社長の耳に入り社長が休養を決断した、というものだ。

謹慎処分は5ヶ月間の予定?

   「週刊女性」は10年3月2日号で、所属事務所が長期休養を申し出たのではなく、

「柴田はテレビ局からクビを切られた」

と報じた。柴田さんの不倫が原因なのだが、その不倫相手が警察に、

「危険を感じる脅迫めいたメールが1日30回近くも送られてきて怖い。命を狙われ殺されかけた」

と相談。

   所属事務所はこれが騒動になる前に各テレビ局に説明と謝罪に回ったのだが、各局は激怒。さらに大きな問題になると困るとし、柴田さんを出演させないことに決めたという。謹慎処分は5ヶ月間の予定だが、解雇もありえる、と書いている。

   各誌に共通するのは柴田さんの不倫問題が長期休養の原因で、それが警察沙汰にもなってしまった、というものだ。

   こうした報道は本当なのかどうか、「人力舎」に問い合わせてみたところ、

「担当者は外出していていつ戻るかわかりませんが、『体調不良のため長期休養』という公式コメントに変更はありません。(解雇と報じているメディアもあるが)解雇はありません」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中