「あしたのジョー」実写映画化 「NEWS」山下の主演に賛否

印刷

   かつて一世を風靡したボクシング漫画「あしたのジョー」が、TBS制作で実写映画化が進んでいることが関係者の証言で分かった。矢吹丈役の主演には、アイドルグループ「NEWS」の山下智久さん(24)が抜てきされるとの情報が流れている。ただ、国民的人気漫画だけに、実写化や主役には異論が続出している。

「実写化は、すでに決まっています。ジャニーズ事務所に問い合わせがあり、2009年9月には、主演が山P(山下智久さんの愛称)にほぼ決まっていました」

   ある芸能関係者は、J-CASTニュースの取材に、こう明かす。

TBS制作で、5月に撮影がある?

ミクシィにも異論続々
ミクシィにも異論続々

   あしたのジョーは、故高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつやさん作画で、1967~73年まで週刊少年マガジンで連載された。テレビアニメ化され、主役の矢吹丈とライバルの力石徹の死闘は、お茶の間の目を釘付けにした。力石が壮絶な死を迎えるクライマックスシーンは、特に有名だ。

   そんな名作が実写映画化されるとの情報は、ネット上でも出回っている。8000人近くが参加するミクシィの「あしたのジョー」コミュニティでは、10年2月12日、近所の広場で丹下ジムなどのオープンセットが建設され、5月に撮影されるとトピックで紹介された。また、真偽は分からないが、一部では、映画は3月末にクランクインし、5月ぐらいまでが撮影期間になっているとも報じられている。

   そこで、制作を担当するとされるTBSの映画事業部に取材すると、「いろいろ制作していますが、順次発表していますので、正式な発表を待って下さい」とのことだった。主演が山下さんになるのかについても、明言しなかった。

   出版元の講談社に聞くと、実写映画が制作される方向であることを認めたうえで、「TBSが仕切っていますので、そちらに聞いて下さい」(広報室)と答えた。ちばてつやプロダクションのマネージャーは、「いつでもそういうお話があり、まだ確定の段階ではありません。特に発表の時期ではないので、実写化の有無についてどちらとも答えないように言われています」と話す。

「主人公のイメージに合わない」の声

   矢吹丈役を山下智久さんが務めるかどうかについては、はっきりした情報はない。前出の芸能関係者は、こう言う。

   「ジャニーズ側が、共演者について『それじゃできない』と難色を示して、いったん山P(山下さん)に決まったのが、保留になったと聞いています。しかし、たぶん主演は決まっていて、ぼちぼち発表になるのではないかと思います」。

   また、ある大手芸能プロの幹部は、「山下さんの共演者を巡ってもめていたのは、聞いています。その後どこに着地したのかは、聞いていません」と言う。一方、ジャニーズ事務所では、取材に対し、担当者が外出中と答えるだけだった。

   名作漫画の実写化を巡っては、主演に抜てきされたタレントが主人公のイメージに合わないなどと反発も根強い。若いジャニーズタレントが選ばれることが多いが、そのたびに、ネット上で物議を醸している。

   「あしたのジョー」についても、一部で、山下さんにほぼ決まったと報じられると、ネット上で、異論を唱える書き込みが相次いだ。ミクシィコミュニティのトピックでは、反対する声がかなり多く、2ちゃんねるでも、「こうやってまた名作が潰されていくのか」「男臭さ感じない奴にさせるなよ」などと書き込まれている。

   前出の芸能関係者も、映画が受け入れられるかどうかについては疑問を示す。

「山下さんらのジャニーズファンには、あしたのジョーをテレビで見た世代はいません。テレビ局は、放送外収入でやらないと食べていけないんでしょうが、どうなんだろう、映画として当たるのかな、とも思います」

   ただ、山下さんについては、役作りをすればこなせるとみている。

「山Pは、バスケットボールのドラマで体を作っていました。原作漫画の主人公も筋骨隆々には見えませんし、役作りでボクシングの練習をすれば、問題なくこなせると思いますよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中