ネットメディア記者に首相会見開放

印刷

   内閣総理大臣官邸報道室は2010年3月24日、首相官邸ウェブサイトで、鳩山由紀夫首相の記者会見にインターネットメディアやフリーランスの記者の参加を認める、と発表した。

   日本新聞協会加盟社でつくる内閣記者会が、首相官邸の要望を受け入れたもの。具体的には、日本専門新聞協会会員社の所属記者、日本雑誌協会会員社の所属記者、外務省が発行する外国記者登録証の保持者、日本インターネット報道協会法人会員社に所属し十分な活動実績・実態がある記者、それ以外で署名記事を提供し十分な活動実績・実態を有する記者が会見に参加可能となる。事前の登録が必要となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中