三井住友海上 中国生保市場に進出 現地生保に資本参加

印刷

   損害保険大手の三井住友海上火災保険は、中国の生命保険会社「信泰人寿保険株式有限会社」に対して7%(約24億円)の資本参加を決めたと、2010年4月6日に発表した。3月30日付で中国保険監督管理委員会から認可を取得した。

   信泰人寿社には資本参加に加えて、非常勤取締役を派遣し経営にも参画。今後の市場動向や信泰人寿社の業容拡大に応じた資本強化によって、出資比率を引き上げることも視野に入れている。

   人口約13億人の巨大生保マーケットである中国は、いまだ生命保険浸透率(GDPに占める生命保険料の割合)が1.8%(07年)と低く、今後の経済成長とともに浸透率が飛躍的に高まるとみられている。三井住友海上は、01年5月に上海支店を開設。07年7月には現地法人の認可を取得。広東支店や10年1月には北京支店を開設するなど順次業容を拡大している。中国での生保、損保の双方の事業に注力する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中