三井住友海上 中国生保市場に進出 現地生保に資本参加

印刷

   損害保険大手の三井住友海上火災保険は、中国の生命保険会社「信泰人寿保険株式有限会社」に対して7%(約24億円)の資本参加を決めたと、2010年4月6日に発表した。3月30日付で中国保険監督管理委員会から認可を取得した。

   信泰人寿社には資本参加に加えて、非常勤取締役を派遣し経営にも参画。今後の市場動向や信泰人寿社の業容拡大に応じた資本強化によって、出資比率を引き上げることも視野に入れている。

   人口約13億人の巨大生保マーケットである中国は、いまだ生命保険浸透率(GDPに占める生命保険料の割合)が1.8%(07年)と低く、今後の経済成長とともに浸透率が飛躍的に高まるとみられている。三井住友海上は、01年5月に上海支店を開設。07年7月には現地法人の認可を取得。広東支店や10年1月には北京支店を開設するなど順次業容を拡大している。中国での生保、損保の双方の事業に注力する。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中