エリカ「離婚」サイトで発表 「意思固め協議に」

印刷

   女優の沢尻エリカさん(24)が、高城剛さん(45)との離婚協議に入ったことを公式サイトで発表した。「離婚の意思を固め、現在家族の仲介の下、協議に入っております」と宣言した。

   沢尻さんがサイト「ERIKA TOKYO」で2010年4月27日夜に明らかにした。沢尻さんの離婚を巡っては、25日夜にテレビ情報番組が報じてから連日騒動になっていた。沢尻さんは離婚の意思を固めたと伝えられたが、高城さんは「聞いてない」と否定していた。

「相手の事もありますので」

   沢尻さんのブログでは、離婚協議の開始を報告し、「今は相手の事もありますので、これ以上の詳細に関しては差し控えさせて頂きます」としている。  一方、高城さんのブログは、10年4月28日朝現在、4月23日の更新以降、新しい書き込みはない。

   2人の結婚は09年1月。10年3月、スペインに個人事務所を設立し、沢尻さんが2年半ぶりに芸能活動を再開させ、エステCM出演などを果たした。しかしこの際、マスコミへの取材制限を求める「誓約書」問題で反感を買い、復活に水がさされた形になっていた。

   沢尻さんのサイトでは、離婚協議に至る理由は触れていない。報道によると、お金に困っているという金銭トラブル説や、仕事を本格化する際に、マスコミ関係の仕事をしている高城さんが障壁になっていた、との指摘も出ている。

   沢尻さんは、エイベックスとの契約話が進んでおり、芸能活動を本格化することを強く望んでいるとされる。高城さんの仕事への関与ぶりに沢尻さんが不信感を募らせた、との報道もある。高城さんは、沢尻さんの仕事へは関係していない、とブログなどで否定している。

   4月28日付けサンケイスポーツによると、高城さんは27日夜現在も沢尻さんと連絡がついてない、という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中