民主・山岡氏 新潮社への請求放棄 「秘書給与肩代わり報道」訴訟

印刷

   民主党の山岡賢次国対委員長が、週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして新潮社側に1000万円の損害賠償などを求めた訴訟について、東京地裁に請求放棄を申し立てていた。山岡氏側は2010年4月30日付で「請求すべてを都合により放棄する」と書かれた請求放棄書を同地裁に提出。5月10日の弁論準備手続きで認められた。

   訴訟の原因となった週刊新潮の記事は09年3月12日号に掲載されたもので、山岡氏が00年12月に、栃木県真岡市長選で立候補する予定だった福田武隼氏に秘書給与の肩代わりを依頼し、同氏から27か月間で405万円を受け取ったという内容。山岡氏はこれを事実無根だと主張し、09年3月に新潮社側を提訴していた。

   この請求放棄について週刊新潮編集部は、「自ら訴訟を起こしながら都合が悪くなると逃げ出すのは、公党の責任ある立場にある人物としてはもちろん、1人の人間としてきわめて恥ずかしいもの」としている。山岡氏の事務所はJ-CASTニュースの取材に対し、「弁護士に任せている」と述べた。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中