「ヘビメタ界の北島三郎」 ロニー・J・ディオに追悼続々

印刷

   レインボー、ブラックサバスなどのバンドでボーカルを務めた米ロック歌手、ロニー・ジェイムス・ディオさんが米国時間2010年5月16日、67歳で亡くなった。ディオさんは、生前日本で「ヘヴィメタル界の北島三郎」と言われ、絶大な人気を誇っていた。ネットには、ディオさんを追悼する書き込みがたくさん寄せられている。

   ディオさんの死は妻によって、公式サイト上で発表された。死因は明らかにされていないが、09年に胃がんを患っていると公表されていた。

「青春時代のカリスマでした」

   ディオさんは1942年米国ニューハンプシャー州生まれ。70年代後半からレインボーやブラックサバスなどの有名バンドに参加したことで頭角を現し、80年代以降は自身のヘヴィメタルバンド「ディオ」を率いて活動。ヨーロッパや日本で絶大な人気を獲得した。特に日本では、ディオさんのコブシの効いた歌い方と、圧倒的な存在感から「メタル界の北島三郎」と言われ、30年以上に渡って親しまれてきた。

   日本で訃報が報じられた17日朝から、ツイッターや2ちゃんねるにはディオさんを追悼する書き込みが続々寄せられている。

「僕の青春時代のカリスマでした。謹んで合掌します」
「上手いボーカリストは数多かれど、ロニーに代わるボーカリストは今後出てこないだろうな」
「大ショック。CD聞きかえして追悼します」

   中には「嘘でしょ!」というものも。何度も来日し、60歳を超えてからも若いころと全く変わらないパフォーマンスを見せていただけに、信じられないという人が多いようだ。

演歌のように歌い上げるというのが特徴

   個人的にも親しくしていたという、ヘヴィメタル専門誌『BURRN!』編集長・広瀬和生さんは、

「私もロニーがきっかけでハードロックにのめり込みました。ロニーは特別な存在です。パワーがあるだけでなく、演歌のようにメロディーを歌い上げるというのが特徴で、日本のハードロックファンにとって『ロニーが最高のハードロックボーカリスト』といっても異論はないでしょう。レインボーで70年代に来日したときには、札幌公演でファンが圧死したこともありました。ヘヴィメタル界では年齢とともに衰えるミュージシャンが多い中、ロニーの声は衰えていませんでした。後5年は歌えると思っていただけに残念でなりません。がんであることは09年に公表されていましたが、ロニーのことですから、闘病してよくなっていると思っていました。もう肉親が亡くなったかのように悲しいです」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中