IMF 日本に消費税引き上げ求める声明

印刷

   国際通貨基金(IMF)は2010年5月19日、財務省や日銀との定期協議を終え、日本経済に関する声明を発表した。声明では、「公的な債務は前例のないレベルにまで膨らんでいる。11年度には財政再建を開始し、消費税率を段階的に引き上げるべきだ」として、11年度には消費税率を引き上げ、財政の健全化を進めるように求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中