「筋通した」福島・社民党 支持率3倍の世論調査も出る

印刷

   米軍普天間基地の移設問題を巡り、社民党の福島瑞穂党首が大臣職を罷免された直後の一部の世論調査で、社民党は約3倍も支持率を伸ばした。従来案通りの辺野古への移転はだめだ、との姿勢を貫いたことが評価されたのだろうか。もっとも、支持率は横ばいの調査結果もあり、社民党に「追い風」が吹いているかどうかは微妙な状勢だ。

   社民党は2010年5月31日、幹部会合を開き、野党が鳩山由紀夫首相の内閣不信任決議案や首相問責決議案を提出した場合、賛成する方針を確認した。閣外協力はおろか、完全に鳩山首相に「NO」を突きつけた形だ。

共同通信や日経済新聞調査で支持率大幅増

   「ホントに辞めなければいけないのは、総理の方じゃないんですか」。5月31日、情報番組「朝ズバッ!」(TBS系)で司会のみのもんたさんが、生出演した福島党首に語りかけた。辺野古への移転を巡り、福島党首は主張を変えておらず、態度を変えたのは鳩山首相の方ではないか、という訳だ。福島党首は「あれに署名したら、沖縄を裏切ることになり、社民党は終わり」と答えた。

   インターネット記事のコメント欄などでも、同様の指摘が見受けられる。福島党首の罷免などを伝えた、J-CASTニュースの「鳩山首相『2枚舌』作戦失敗 『辺野古』巡り『発表日』大混乱」(10年5月28日)には、「ぶれない瑞穂さん素晴らしい」「罷免されるべきはルーピー鳩山だ」とのコメントも寄せられた。

   福島党首が罷免されたのは5月28日金曜日。直後の土日にマスコミ各社が世論調査を実施した。総じて内閣支持率が低下し20%割れする調査も出る中、共同通信の調査では、社民党の支持率は、4.5%と前回調査の1.6%から3倍近く伸びた。日本経済新聞とテレビ東京の共同調査では、社民党の支持率は3%と前回の1%から3倍となった。

   一方、読売、朝日、毎日新聞調査では、支持率は横ばいだった。読売と朝日は1%、毎日は2%だった。それでも夏の参院選比例代表での投票先をみると、朝日は横ばいの1%だったものの、読売は2%(前回1%)、毎日3%(同2%)と伸ばしている。社民党への「風」は吹き始めているのだろうか。

   「社民党の将来は明るい」。5月30日、連立政権離脱を正式に決めた社民党の全国幹事長会議の後、新里米吉・沖縄県連委員長はこう報道陣に語った。

瞬間風速として強くてもすぐに弱まる?

   社民党の茨城県連などへは「よく筋を通した」と激励の電話が相次いでいるという。社民党本部でも「数を集計した訳ではないが、党や党首に『頑張れ』という激励の電話は増えている」。

   政権離脱を受け、参院選の選挙区で社民党の独自候補を新たに立てようとする動きも出てきた。これまでは民主党候補予定者に協力する態勢作りが進んでいた。

   そのひとつ、民主党の小沢一郎幹事長の「お膝元」である岩手県の社民党県連合に話を聞いた。伊沢昌弘幹事長によると、独自候補擁立は「降ってわいたような話」ではない。連立政権を離脱するような政局になれば独自候補を擁立する、という方針を10年3月の段階で確認済みで、福島党首罷免後の5月30日に常任幹事会で「擁立」を再確認した。参院選公示まで残された時間はわずかだが、「擁立がうまく行くよう鋭意努力中」だ。

   同県連へは、数は多くないが、福島党首の今回の行動を評価する声が電話で寄せられたという。辺野古移設は認めないという姿勢を福島党首が貫いたのは、これまでの社民党の主張から鑑みて「当然の行動だ」と、伊沢幹事長も評価している。

   社民党関係者たちは、今回の騒動で「追い風」を感じているのだろうか。ある関係者は慎重な見方を示した。「辺野古への移設という決着はおかしい」と考えている人が多いことは分かったが、それが参院選での社民党への投票につながるかどうかは別問題と見ている。「風と言えば風だが、瞬間風速として強くてもすぐに弱まってしまう」。今回の話を政局ものに終わらせず、粘り強く米軍基地問題などへの党の取り組みの重要性を訴える必要がある、と分析していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中