特捜部長「答えは差し控えたい」連発 東京地検が「オープン化」後初の臨時会見

印刷

   東京地検は2010年6月15日、臨時に記者会見を開き、東京都江東区の建築金物製造会社の代表取締役の男(47)を法人税法違反の容疑で逮捕したと発表した。記者クラブに加盟していない記者でも参加できる「オープン会見」に移行してから2度目の地検会見で、定例会見以外の「臨時会見」としては初めて。記者からは、臨時会見を開いた理由や容疑事実に関する質問が相次いだが、佐久間達哉特捜部長は「答えは差し控えたい」との答えを連発した。

   発表によると、男は会社の業務に関連して、同社の名義でない預金口座を使って債権を回収。07年8月期の債権回収益など約6億5200万円の所得を隠し、法人税約1億9500万円を脱税した疑いが持たれている。

約50人の記者が参加

会見には約50人の記者が参加した
会見には約50人の記者が参加した

   今回開かれた「臨時会見」は、「重大事件の逮捕・起訴・判決時など、必要に応じて開催する」とされているもので、「オープン化」以降開かれるのは初めて。記者クラブに加盟していない記者8人を含む約50人の記者が出席した。

   佐久間特捜部長は、臨時会見を開いた経緯について

「当庁(検察)で(容疑者の)身柄をとって強制捜査を行ったということで、それに対するチェックの機会を提供するという意味があった。(警察を通さない)独自捜査で検察が逮捕するということで、その重みを考えた」

と説明。その一方、

「回収したのはどこからの債権なのか」
「犯行に使われた『借名口座』とは、誰のものなのか」

といった事件の内容に関する質問には、債権については

「下請けからのものではない」

とは述べたものの、

「現時点では申し上げられない」「答えを差し控えたい」

といった答えを繰り返した。さらに、容疑者が容疑を認めているかどうかについても、

「その心は、被疑者または弁護士が明らかにすべきこと。明らかにするのであれば、彼らの言葉で明らかにすべき」

と、やはり説明しなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中