「徳之島への移設案」本気だった  鳩山前首相が「本音」吐露

印刷

   辞任して間もない鳩山由紀夫・前首相が「本音」を語った。米軍普天間基地移設問題を巡る誤算、マスコミへの恨み節……などなどだ。

   2010年6月18日の朝日新聞朝刊に、鳩山前首相のインタビュー記事が載った。同紙の編集委員が聞き手で、1ページの約8割を占めるかなり長い記事だ。

「一度検討していたという話は入っていなかった」

   沖縄の普天間基地移設問題について、鳩山首相は従来から「最低でも県外」と主張していた。しかし、結局は5月28日、自民党時代からの現行案通り、同じ沖縄県の辺野古沖への移設が日米共同声明で明記された。この間、現行案以外が可能なのかどうかを巡り、鳩山内閣は迷走し、内閣支持率低落の大きな要因となった。

   インタビューを読むと、鹿児島県の徳之島への移設案を本気で考えていたようだ。当時の新聞報道では、徳之島案は米軍側も地元も強く反対し、実現は不可能視されていた。そんな中、鳩山氏が国会で口にした「腹案がある」は、徳之島案なのか、それとも「ウルトラC」案がほかにあるのか、と週刊誌を巻き込む騒動にもなった。

   鳩山氏はインタビューで、現行案について、米側との環境特別協定の締結などの成果を踏まえ、09年末ごろの段階で「現行案で乗り切れるかもしれないと考えた時期があったことは事実だ」と明かした。しかし、自身が「最低でも県外」と主張していたことから納得がいかなかった。そこへ鹿児島県の徳之島への移設案が浮上してきた。「島の活性化に役立つから受け入れてもいいという関係者の声も間接的に届いていた」ことから結論を先送りしたのだという。

   徳之島案について、「過去に日米間で検討されて消えた話ですが」との質問には、鳩山氏は「過去に一度検討していたという話は入っていなかった」と明かした。水面下で交渉を進めるため「この案の検討に官僚は使わなかった」。そのため、基本情報すら耳に届いていなかったことになる。

   「確かにやり方は稚拙だったかもしれない」と認めた上で、「もっと正面から情報を集めて、なぜ徳之島なのか冷静な議論をしていたら、とも思う」と悔しさをにじませた。

親指は「自分の心を隠すためにあえてやった」

   鳩山氏インタビューのこのくだりについて、地元で徳之島への基地・訓練移転に反対している「徳之島の自然と平和を考える会」の椛山幸栄会長は、「日米共同声明で訓練移転候補地として徳之島が明記されたことについては、鳩山さんには怒りを覚えている」とした上で、過去の日米交渉の経緯を鳩山氏が知らなかったことや、交渉の進め方を「稚拙だった」と振り返っていることについては

「まあ鳩山さんならそうだったんだろうな、と驚きもしないし、今さら怒りもわきませんね」

と淡々と答えた。

   ほかにも、鳩山氏は、6月2日の辞任表明直前の小沢会談との内幕や、マスコミへの恨み節についても答えている。

   辞任表明前日の1日の会見後、記者らに親指を立てた一件は、「続投に意欲か」と憶測を呼んだ。しかし、翌日の新聞に辞意が報じられないようにするため「自分の心を隠すためにあえてやった」というのが事の真相のようだ。また、マスコミに対しては、「本質ではないところで発言がぶれたと批判された」「一部が切り取られて報じられ(略)本意ではないことが伝えられた」と不満を述べていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中